Skip to content

事務系ちょっと高額求人CADオペレーター

CADオペレーターってどんな仕事?

CADは、キャドと呼びます。耳慣れない言葉に「特殊技能だから私には関係ないわー」という印象をお持ちの人もいるでしょう。CADはコンピューター支援設計というプログラムのことで、もともと人の手で全て行っていた作業を、コンピューターがしてくれるというものです。その対象は、建築、工業製品、飛行機、アニメーションまで多岐にわたりますが、CADオペレーターが行うのは、設計ではなく、設計士が作成した設計図の印刷や修正などがメインとなります。エクセルやワードが使いこなせることの延長にCADがあると言っても過言ではなく、しかしCADはソフトを使いこなす必要があるのと、印刷といっても範囲指定などの細かな作業があって、ただたんに印刷ボタンを押せば出来る事ではない為、CADオペレーターが必要とされているのです。

CADオペレーターの求人先や報酬は?

建築土木関係の設計図を扱う現場で、CADオペレーターを募集される事が多いです。この場合は、設計者のアシスタント的にCADオペレーターとしての仕事が期待されます。時給換算で1500円以上の求人が多く、正社員としての求人の場合も一般事務職よりも報酬が高めです。求人先は建築関係に限らず、商社や病院などでも、移転プロジェクトのプレゼンに必要などのニーズはかなりあって、図面作成能力のある人あるいは印刷能力を求めるという場合もあります。この場合は、CADオペレーターとしての仕事量はそれほどでもなく、むしろワードもエクセルも色々な雑務なんでもできますという人が重宝される様です。

CADオペレーターになるにはどうしたらよいの?

CADには、CAD利用技術者試験という資格試験があり比較的認知度も高い試験です。この試験を受けるのは最終段階として、まずはCADの知識を得ましょう。CADは、ネット上のフリーソフトなどで独学で学ぶ事が可能で、学校や仕事を終えてコツコツと学んでいく事ができます。独学では自信がないという人には、効率的に学ぶためのCADの通信講座や、スクールに通う方法もあります。しかし、知識があっても経験がないと雇ってもらうチャンスが乏しい事もあります。そういう時には知識やスキルを磨きながら、まずは一般の事務職として土木関係などCADオペレーターがいる会社で働いてみるのもステップアップへの近道です。実際にオペレータの仕事ぶりや、現場感覚を養う事ができますし、自信がついたらCADオペレーターとして使ってもらう事も出来るかも知れません。

CADオペレーターの仕事内容は建築設計をするため責任感を持って働くことが求められ、依頼主の要望に応える必要があります。