Skip to content

髪美人はベースが命!美容師に学ぶヘアアレンジ

ヘア美人は何かが違う!?

つい目に入る女性の横顔や後ろ姿ですが、ただ結んでいるだけのように見えて、何かが違うんですよね。三つ編み、後れ毛、それから結んだ髪を一回転させる小技「くるりんぱ」ですが、美容師によると、「やりすぎないコナレ感」が大事だといいますね。美容師のヘアアレンジのコツは、「至近距離で相手の心に攻め込むテクニック」ということなんですよね。美容師は、「相手がつい触りたくなるような質感が理想」と断言しますね。日ごろのケアが肝心で、風呂上がりに半乾きのまま寝てしまうようではモテ髪にはほど遠いですよ。

仕上がりを想像しながら整える!

髪美人はベースが命ですから、三つ編みや結び目を整えやすいよう、アイロンで簡単にクセ付けしておくといいでしょう。ここで大切なのは、どんな仕上がりにしたいか想像しながら整えることですよ。「ゴールも分からず進まない。攻めすぎず、冷静に、狙いたいところだけ」というのが美容師のアドバイスなんですよね。なぜか恋愛の奥義までも語っているようですが、むやみやたらと冒険を望むようでは道は険しくなるばかりですよね。未来予想図を描き、地ならしをするのがヘアアレンジの極意なんですよ。

いざアレンジしてみよう!

いざアレンジするときには、どんなふうに見せたいのか美容師にとことん相談するといいですね。最初のイメージも大切ですよ。編みこみが苦手なら三つ編みでも大丈夫です。例えば、耳上できつく編んだあと、ハート形をイメージして所々つまみだすと柔らかい印象になりますよ。分け目の位置や後れ毛の量などバランスは、とにかく練習あるのみです。手が届きにくい後ろ側は真上に持ち上げるなど、やりやすい角度を探すとよいでしょう。

美容師の求人は見習いからでも働けるので、専門学校を出てすぐの美容師でも必ず就職先を見つけられることができます。