Skip to content

どの養成機関が向いている?保育士養成学校とは

保育士になるためには

保育士になるためには、基本的に2つの方法があります。1つ目は、保育士試験という毎年開催されている国家試験に合格することです。もう一つは国が指定している保育士養成学校を卒業するということです。保育士になるためには基本的にこの2つの方法のどちらかを選択するということになります。保育士養成学校というのは、大学や短大、専門学校やさらには通信大学までさまざまなものがありますが、それぞれどんなメリットやデメリットがあるでしょうか。

大学や短大で保育士免許を取得するには

大学や短大で保育士の免許を取得するという方法は、いわば王道とも言うべき免許の取得方法かもしれません。ただ、大学の場合は4年間学校に通わなければならず、すぐに保育士になりたいという人にはネックとなるかもしれません。大学や短大では幅広い知識を得ることができるでしょう。大学や短大では、保育士以外の視覚の取得も可能であり、いろいろな可能性を模索するときには適しているかもしれません。どちらも学費が100万円前後かかってしまうのは少し痛いところかもしれません。

専門学校や通信大学で取得する

専門学校や通信大学で保育士免許を取得したいという場合はどうでしょうか。専門学校の場合、大学や短大に比べてより保育士の仕事に直結するようなことを学ぶことができます。短大と同じく2年で免許を取得できるというのは良い点ですね。通信大学は通いで大学などに行けない人のためのセーフティネットのような存在です。専門学校も通信制大学も、大学や短大ほどの学費がかからないというところは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

保育園での求人で求める人材は、子供が好きや子供と一緒に過ごしたい人ではなく、子供の生きる力を育てることができる、保育者自身の生きる力を磨き続けれ成長していくことができる人材です。