Skip to content

どんな経験やスキルが必要?外資系企業への就職

英語は必ず話せなければいけないの?

外資系企業への就職を検討されたことはありますか。外資系とひとことでいっても、日本企業以外の全てを指しますので、本社がアメリカ、中国、中東やアジアの国々など日本に進出している沢山の国の会社が対象になります。では、外資系というイメージで英語がネイティブ並みに話せなければいけないのかというとそんなことはありません。あくまでも日本で勤務することを前提とすれば英語が必要ない職種もありますよ。しかしながらグローバル化が今や当たり前になっていますので、できるにこしたことはありません。

どこで求人をみつければいいの?

では、外資系企業に興味があり就職したいという希望がある人は、どこで求人情報を見つければよいのでしょうか。日本企業の求人情報を見るのと同じような探し方で基本的には探せるのですが、潜在的な求人や、数をあたってみるなら外資系企業の求人情報を豊富に持っているのは人材紹介会社です。人材紹介会社が取り扱う求人情報の一部は公募されている求人情報よりも機密性が高く、最短の期間で一つの職種に対して一人を確実にマッチングさせることが彼らの仕事ですので、応募期間も短く、書類審査で待たされるということはあまりありません。一つの応募方法として人材紹介会社にも登録してみましょう。

自己主張ができなければだめですか?

外資系の会社とはどのようなイメージがありますか。自由な雰囲気、英語や外国語が飛び交う、実力主義、個性的な人が多い、自己主張が強くないとだめ、などを思い浮かべる人もいますよね。現在では日本企業でも同じような雰囲気の会社も数多くありますので、実際には外資系だから、日系だからとひとくくりでは語れないですよ。確かに外資系企業は外国人の社員が多い可能性は高いので、色々な国の人がいるため、個性が強い傾向はあるかもしれませんが、必ずしも自己主張しつづけなければいけないということはないですよ。

施工管理の求人は建築関係の情報が豊富に掲載されている専門のサイトを活用すると豊富な種類が見つけられます。