Skip to content

どんな大きな会社も最初はベンチャー企業だった

大規模な会社も小さなところから始まった

所属する社員が一万人を超え、世界を股にかけて様々な事業を行なっている大手の会社は多くありますが、そんな会社とて始めは小規模なベンチャー企業でした。独自の製品やサービスを生み出し、顧客のニーズにうまく対応することで売上を伸ばし、規模を拡大してきたのです。長い時間をかけ、多くの努力を実らせた結果でもあるといえ、一筋縄ではいかない険しい道を通ってきたのです。ですが、どんなベンチャー企業でもそうした大企業になる可能性は充分あります。

コツコツと事業規模を拡大していく

会社を立ち上げてすぐに大きな利益を上げ、規模を拡大することは、中には例外はありますがほとんどできません。少しずつ顧客を開拓していき、売上を伸ばしていくことになるので時間は掛かりますし、経営を誤ってしまえば倒産してしまう可能性すらあります。ですが、ベンチャー企業は大企業よりもスピードのある意思決定が可能なために、市場を一気に掴める可能性も秘めており、そうしたチャンスを逃すことなくものにしていくことが事業拡大において重要な役割を果たします。

時代の変化に柔軟に対応していく

流行やニーズは絶えず変化していきます。つい数か月まで人気商品であったものが急に売れなくなってしまうこともありますし、まったく売れていなかったものが急に売れ出すこともあります。月日が経つことで、世の中で必要とされる商品やサービスも変わっていくのです。そうした変化に柔軟に対応し、ニーズのある商材を生み出し続けることこそ企業として生き残る手段であるといえるでしょう。あるいは自らニーズを創出していくこともできますので、将来を見据え、考えながら行動をしていくことが求められるのです。

派遣社員と同じで、ベンチャーの転職は技術を売りにして契約を結ぶことが前提で、昇給やボーナスはないことが多く、実力が認められると雇用の延長が提案されます。